日沿議連と日沿連総会 「緑の国土軸」実現へ特別決議を採択

2002年11月27日

エリナのささやき

忙しい。
仕事の山は減らず、机の上に滞留する書類の山の整理も結局はできず、その標高をますます上げております。
ということで、きょうのささやきは、以上。こんなときもあるさ。

地域ビジネス前線

◇日沿議連と日沿連総会 「緑の国土軸」実現へ特別決議を採択
日本海沿岸地帯振興促進議員連盟、日本海沿岸地帯振興連盟の合同総会と日本海国土軸・環日本海交流推進大会は20日、東京・赤坂プリンスホテルで開き、同議員連盟の綿貫民輔衆院議長が提唱した「緑の国土軸」実現に向けた特別決議を採択、グリーンツーリズム施策を推進することなどを確認した。
富山をはじめ、日本海側の府県から約200人が出席。綿貫会長が議長を務め、同振興連盟世話人代表の中沖知事が高速道路の建設凍結や中止が論議されていることを踏まえ「地方の切り捨てにつながる。日本海沿岸地帯の振興のため、社会資本整備などに尽力してほしい」とあいさつした。
石黒豊鳥取県議会議長が「日本海側の復権には高速道路整備が欠かせない。産業、観光に結びつく」と所見を述べた。
交流推進大会で、日本海国土軸・環日本海交流圏形成に関する特別決議を採択。「緑の国土軸」を創生するため、田園空間や森林の整備、都市住民との交流を目指したグリーンツーリズムの推進などを決めた。(北日本新聞11月21日付より)