小川和男さん、逝く。

2002年08月01日

エリナのささやき

パンパカパーン!(げっ、いきなり古い)北東アジア専門の経済研究所ERINAのホームページに、新コーナーがきょうから登場です。クリープのないコーヒーなんて、というキャッチコピーがありますが(また古い)、NEA todayのないホームページなんて、ホームページのないERINAなんて、ERINAのない北東アジアなんて、という意気込みでスタートします。これから毎日ささやくのは、私、ERINAの広報担当・中村俊彦です。恥ずかしながら、著者近影は、ハルビンでの会議中のもので、花に囲まれております。つい最近4廻り目のウマ年の誕生日を迎え、もうひとまわりで還暦だぜ、人生の長さ、はかなさを噛みしめております。

中村

地域ビジネス前線

◇小川和男さん、逝く。
7月19日、ロシア東欧貿易会(ロトボー、と呼んでいます)ロシア東欧経済研究所長の小川和男さんが亡くなられました。小川さんはロシアのペレストロイカの頃、新潟大学でも教壇に立ち、新潟が北東アジアに扉を開こうとする運動に大きな貢献を果たされました。ERINAでも評議員を勤められていました。「中村さん、あなたの地方紙のスクラップはとても参考になります」と、私と会うたびにおっしゃっていただきました。小川さんに感謝の気持ちを込めて、このコーナーを始めます。

◇富山、石川の銀行が国際業務を活発に
北陸地方に本拠を置く銀行が国際業務、対中戦略に積極的に乗り出す動きを見せているようです。北陸銀行(富山市)は国際業務部を富山本部に設置し、4人体制だった従来の国際部を15人体制に拡充し、対中投資などを支援していく構えです。また北國銀行(金沢市)は行員や役員の研修をすすめて人材を育成し、中国進出企業の支援を強化していこうとしています。