富山県中国事務所検討委 交流ある地域に設置を

2003年04月24日

エリナのささやき

いろいろな出来事、仕事がかさなっているうちに、このコーナーのことが頭からすっぽ抜け、きのうは穴をあけてしまいました。ごめんなさい。
いろいろな出来事の番外編ではありますが、火曜日の夜、平山征夫・新潟知事とERINAスタッフとの懇談会がありました。知事を含めての会費制で、懇談会は、いつしか単純な飲み会に楽しく移行していきました。司会はエリナちゃん。堅苦しいのはイヤですから、飲み会風を演出した部分もありますが、やはり知事の気さくな人柄によるところ大です。新潟県庁きっての北東アジア通でもある知事も大いに語り、飲み会を楽しんでいただけたと思います。また飲もうね、征夫くん。

平山知事とERINA女性スタッフ たのしかったなあ~ (^.^)

地域ビジネス前線

◇富山県中国事務所検討委 交流ある地域に設置を
県が開設を目指す中国事務所の機能や設置場所を話し合う県中国事務所検討委員会(会長・八嶋健三県商工会議所連合会会長)の初会合が18日、県民会館で開かれ、設置場所について「県と交流のある地域を軸に選ぶべき」との意見が相次いだ。県は友好提携している遼寧省の瀋陽や大連などを6月に現地調査し、9月に機能や人員などを含めた中間報告をまとめる。(北日本新聞4月19日付より)