中国人団体観光客 新たに5省市にビザ発給へ

2004年07月01日

エリナのささやき

国立国語研究所が29日、33の外来語の言い換え案を発表しました。外来語を使った文章と日本語の言い換え案を使った文章を対比してみました。いかがでしょう。(文章の質、内容は問わないでね)

地域ビジネス前線

◇中国人団体観光客 新たに5省市にビザ発給へ
地球最後のフロンティアともいわれる北東アジア。国境を越えた物流や観光、エネルギー、環境問題など、これまではステレオタイプの議論が多かったが、さまざまな多国間協力がERINAのイニシアチブなどで実践され始めている。物流では9つの輸送回廊を設定し、プライオリティ付けを行い、不連続点におけるボトルネックの解消に向け関係各国の専門家による調査ミッションを派遣している。観光では、このほど日中間で、中国の団体観光客向けのビザの発給対象に浙江省、江蘇省、遼寧省、山東省、天津市を新たに加えることで合意した。今後の観光拡大が期待される中、ユニバーサルデザインによる受け入れ側の対応など、ソフト面でのパブリックインボルブメントも交流には欠かせない。エネルギーや環境の共同体構想も進められている。関係各国政府、地方政府のスタンスに違いがあるが、北東アジアを構成するする国や地方のガバナンスこそが、この地域の平和と安定への重要なソリューションの一つであり、世界に対して北東アジアのプレゼンスを高めることにつながるだろう。

地球最後の[新分野]ともいわれる北東アジア。国境を越えた物流や観光、エネルギー、環境問題など、これまでは[紋切り型]の議論が多かったが、さまざまな多国間協力がERINAの[主導]などで実践され始めている。物流では9つの輸送回廊を設定し、[優先順位]付けを行い、不連続点における[支障]の解消に向け関係各国の専門家による調査[使節団]を派遣している。観光では、このほど日中間で、中国の団体観光客向けのビザの発給対象に浙江省、江蘇省、遼寧省、山東省、天津市を新たに加えることで合意した。今後の観光拡大が期待される中、[万人向け設計]による受け入れ側の対応など、ソフト面での[住民参画]も交流には欠かせない。エネルギーや環境の共同体構想も進められている。関係各国政府、地方政府の[立場]に違いがあるが、北東アジアを構成する国や地方の[統治]こそ、この地域の平和と安定への重要な[問題解決]の一つであり、世界に対して北東アジアの[存在感]を高めることにつながるだろう。