青森の魅力を韓国語で紹介 青森観光コンベンション協会HP

2004年05月24日

エリナのささやき

エリナちゃんの読書習慣(5)
週末は我が家で広報・企画室(宴)会をして、エリナちゃんも普段の料理の腕を発揮しました。“普段の料理の腕”がどのくらいかというと、材料切りとパスタ茹でと炒めはお任せ、味付けはパートナーにお任せ、という程度かな。
さて、久しぶりの読書は『「北島亭」のフランス料理』(大本幸子、NHK出版)。フレンチの料理本ではなく、四谷・北島亭の厨房の一日を描いたノンフィクションです。街のラーメン屋さんの仕込みが始まる様子を見ながら出勤したりするエリナちゃんですが、北島亭の仕込みは朝7時から。以下、夜11時過ぎに家路につくまでの、北島厨房の自己責任とチームワーク、素材と人間への気合と愛情が描かれます。ページをめくるたび、腹が減ってきますよ。

地域ビジネス前線

◇青森の魅力を韓国語で紹介 青森観光コンベンション協会HP
韓国に本県の観光情報を発信しようと、青森観光コンベンション協会(梅内敏浩会長)は、同協会のホームページ「あおもり案内名人」韓国語のページを開設した。4月から本格的に稼動を始め、1カ月でアクセス件数は1,000件に上った。同協会によると、市町村の観光振興団体が、韓国語の情報サイトを設置するのは県内でも珍しい。
同協会は青森市の観光振興を図る組織だが、白神山地や竜飛崎など県内全域の観光地を網羅し、本県をPRしている。将来、函館の情報も載せ、青函地域の観光活性化を図る方針だ。「あおもり案内名人」(韓国語のページ)のアドレスはhttp://www.atca-kr.com。