新湊と韓国・仁川商議所 姉妹締結に向け合意書

2004年05月21日

エリナのささやき

広報・企画室の仕事の一つに、講演・寄稿などの原稿をまとめたり、修正したり、英訳・和訳の表現をチェックしたりすることがあります。テープ起こしで“言っていることがさっぱりわからん!”とか、僭越ながら“絶対この表現は間違っているぞ!”とか、困った場面も数多くあります。
そんないときに活躍するのが、やはりインターネットです。なかでも、近頃エリナちゃんが重宝しているネタを一つご紹介すると、「テープ起こし総合研究所」。ここの「情報閲覧室」には、さまざまなジャンルの用語解説がリンクされていて、かなり使えます。こういうのを、ポータルサイトっていうのでしょうか。ちなみに北東アジアのことなら、ERINAが編集している「環日本海地域情報サイトリンク集」も便利ですよ。

地域ビジネス前線

◇新湊と韓国・仁川商議所 姉妹締結に向け合意書
韓国の仁川商工会議所の訪問団(団長・金成鐘副会頭)が13日、新湊商工会館で新湊商工会議所の八嶋佑二会頭と懇談し、「姉妹商工会議所」の締結を目指し、提携事業の内容などを詰めることで合意した。
仁川市は人口230万人の韓国第3の都市。同市と新湊市は、国際港湾を持つ都市という共通点があり、両商工会議所が連携を強化することで地域間交流のほか経済振興の促進が期待される。(北日本新聞5月14日付より)