韓国・清州市長 鳥取市を訪問

2003年11月26日

エリナのささやき

国際協力銀行が行った海外現地法人を持つ製造業を対象とする企業調査で、今後3年間に事業展開したい有望な国としてロシアが10位にランクインしたという記事がありました(北海道新聞11月22日付)。ちょっと前にはなかった“異変”です。
その理由として9割が「市場の成長性」を挙げています。どうやら極東あたりを念頭に置いているわけではなさそうですが、近日発行の「ERINA BUSINESS NEWS」では、新潟県内の地場産業の極東ミッションを2つ、取り上げています。こちらの兆しは、厳しい地方の産業の願いでもあります。

地域ビジネス前線

◇韓国・清州市長 鳥取市を訪問
鳥取市と姉妹都市提携を結んでいる韓国・清州市の韓大洙(ハン・デス)市長らの訪問団が21日、鳥取市役所を来訪した。ともに昨年就任した両市長が相互訪問し、友好を深めることが目的。竹内功鳥取市長は先月初めにすでに清州市を訪問しており、今回は清州市から10人が訪れた。(日本海新聞11月22日付より)