本県 農業輸出モデル地区に 産業競争力会議農業分科会提言(新潟)

2014年05月23日

エリナのささやき

きのうは「モンゴル・新潟 食と花」と題しての賛助会セミナー。講師の二人が高校の同期で、なにやら同窓会的な軽いノリの講演でしたが、実は市場の見方、独自の輸出方式モデルなど、実は冷静な判断がありました。▼このところ、ERINAのセミナーはNHKテレビのニュースで取り上げていただいていて、感謝。インタビューに答えていただいたHさんにも感謝。▼話はQLDに戻って、絞め殺しの木。巻きつくように寄生した根が大きく成長し、宿木が死んでその部分が空洞になってしまったのだろうな、と勝手に想像する巨木。

20140523

地域ビジネス前線

◇本県 農業輸出モデル地区に 産業競争力会議農業分科会提言(新潟)
政府の産業競争力会議の農業分科会(主査・新浪剛史ローソン会長)は19日、農業の競争力強化に向けた提言をまとめた。本県などを海外輸出の拠点となる「農業輸出モデル地区」とし、輸出拡大に向けて支援していくことなどが柱。
農業輸出モデル地区は新浪氏が提案した。国際競争力のある農産物や加工品を輸出する拠点として、本県や北海道、千葉(成田など)、熊本などをモデル地区とし、国際的な認証基準への適合に向けて支援したり国際物流網への接続をサポートしたりする。近隣県の農畜水産物、加工食品を集め、海外の有望市場への輸出拠点とする。(新潟日報5月20日付より)