新潟の専門学校生 自信のドレス、ロシアを魅了

2014年06月02日

エリナのささやき

きょうから新しい黄色のフィットで通勤。エコ・ドライブ初心者的な緊張感があって、運転も謙虚になりそう。▼アメリカPGAに今年からレギュラー参戦している松山英樹クン、ついに初優勝。優勝しそうな予感がしてテレビを見ていたら、ホントにそうなってしまいました。18番のティーショットをミスして、ドライバーを叩き付け、へし折ってしまうパワーが、日本人離れしている。大会ホストのジャック・二クラウスと英語でコミュニケーションをとれないのは、残念。スピードラーニングの遼クンに習わねば。▼朝食後、カルメンと、カシューナッツの種談義。英語、フランス語、日本語とハートを交えて、コミュニケーション上々な様子。

談義の行くへは如何に・・

地域ビジネス前線

◇新潟の専門学校生 自信のドレス、ロシアを魅了
国際トータルファッション専門学校(新潟市中央区)ファッションデザイン科3年の渡部祐奈さんが作った服が、ロシア・ウラジオストク市の国際的なファッションコンテストで優秀賞を受け、28、29日の両日、現地で開かれるファッションショーで披露される。ショーには日本人として唯一の出展となる。
コンテストは、服飾などを学ぶウラジオストク国立経済サービス大が主催。日本、ロシア、中国、韓国で服飾を学ぶ学生らが参加した。渡部さんの作品は約100人が通過したデザイン画選考を日本人でただ一人クリア。優秀賞の対象となる上位10人に入った。(新潟日報5月26日付夕刊より)