留学生増へ口コミ活用 母国へ情報発信、人材確保狙う(富山)

2014年06月04日

エリナのささやき

サッカー日本代表が強化試合でコスタリカから3点。香川の調子が戻ったとか。今のジャパンはマンU、ACミラン、インテルという雲上的チームの選手が並んでいて史上最強っぽいけれど、本番はどうか。▼こちらケアンズ郊外でも、カンガルー軍団と遭遇。動物たちのサッカーがあったら、キック力が強烈そうなカンガルーを擁するオーストラリアは強いだろうな。人間たちのグループBでは、苦戦必至か。

20140604

地域ビジネス前線

◇留学生増へ口コミ活用 母国へ情報発信、人材確保狙う(富山)
県は7月、留学生が県内での生活や充実した教育環境を母国語で紹介するホームページを開設し、海外に発信する。口コミの力で、経済成長著しい東南アジアなど海外からの優秀な留学生を呼び込むのが狙い。企業の海外展開を支えるグローバル人材の確保が重要課題となる中、即戦力になる留学生の県内就職につなげたい考えだ。
県は新規事業の「留学生向け情報発信強化事業」としてホームページ開設に取り組む。フェイスブックや動画投稿サイトも活用する。活動の中心となるのは中国、マレーシア、韓国、ベトナム、インドネシア、ブラジル、ロシアの7カ国10人。富山大、高岡法科大、富山国際大に在籍する。(北日本新聞5月29日付より)