「中国一金持ち」の華西村 本県コメ作り村長ら視察(福井)

2014年06月17日

エリナのささやき

テレビなどで見るとそんな気がしていたのですが、メルケル独首相、やはり半年で10キロのダイエットに成功したらしい。エリナちゃん並みですね。首相の場合はクッキーを絶ったらしく、エリナちゃんの場合は寝酒を絶ち、揚げ物を絶ち、ラーメンを絶ち…。リバウンドなしです。▼クーパークリークをトレイルした後は、案内してくれたニールやプルーの家の奥でティータイム。巨大な板根の脇で、地元で採れるDaintree Teaをいただきます。クッキーは…なかったかな。

グリーンの屋根、うまく張ってるなあ~

地域ビジネス前線

◇「中国一金持ち」の華西村 本県コメ作り村長ら視察(福井)
「中国で最も金持ちの農村」との異名を持つ江蘇省・華西村の呉協恩村長らの視察団が10日、日本のコメ作りを学ぶために本県を訪れた。本県がコシヒカリ発祥の地であることなどから視察地に選ばれた。12日までの2泊3日で「おいしいコメ」を生み出すノウハウを習得、中国本土での農業ビジネス展開の参考にする。
華西村は上海市の北西部に位置し、早くから工業化に取り組んだことで発展を遂げた。視察団によると、平均の世帯年収は1千万円を超え、中国国内では群を抜いて高収入という。近年、周辺の村と合併して農地が広がってきたため、華西ブランドのコメを作ろうと視察を企画。農業資材販売のあぐり屋(越前市)が取引先の農家を案内することになった。(福井新聞6月11日付より)