9月のウラジオストク物産展 松江で事前商談会(山陰)

2014年06月23日

エリナのささやき

PCは1時間続けたら10~15分の休憩を取るべきだそうです。腰のためには20分以上続けてないように、と整形外科の先生は言います。▼首の痛みが増し、左手のしびれがひどくなり、土曜に診察してもらうと、その先生としては珍しく頓服薬を出してくれました。思わず「首ベルトを巻いた方がいいのでは?」と聞いてみると、「暑くて巻いていられないよ」と却下。そういえば、とMが家にあった首ベルトを出してくれました。腰と首にベルトを巻き、なるべく座り続けないようにしながら、エリナちゃん、がんばるよ。▼海に浮いていると、腰も首も楽になるだろうなぁ。

無理をしない程度に・・ 

地域ビジネス前線

◇9月のウラジオストク物産展 松江で事前商談会(山陰)
9月下旬にロシア・ウラジオストクで開催される物産展「2014山陰ブランド展inロシア」を前にした事前商談会が17日、松江市内であった。松江、安来、出雲の3市の食品メーカーなどが参加。物産展への出店を目指し、ロシアの卸売会社に自社製品を売り込んだ。
物産展は、松江市が11年度から2年間実施。昨年度から出展事業所のエリア拡大を狙い、松江、出雲、安来、米子、境港の5市で構成する中海・宍道湖・大山圏域市長会と鳥取県産業振興機構が中心となり開催。事前商談会で商談がまとまれば、同展への出店が可能となる。商談会は、ウラジオストクの卸売会社2社と、松江、出雲、安来の3市から8社が参加。事前商談会は、松江市では18日も開催。19、20の両日は米子市内でも開かれる。(山陰中央新報6月18日付より)