中国で着付けショー 富山の薬・深層水、友禅染に

2014年07月03日

エリナのささやき

サッカーW杯余話その3。選手のスタッツ(成績データ)が克明に出てくるのは、フットボールや野球などアメリカン・スポーツの独壇場と思いきや、近頃はサッカーでも出てくるのですね。ボール支配率のみならず、長友がいちばん長い距離を走ったとか、メッシはキーパー並みにしか動かないとか。これ、専用のカメラとソフトウエアでピッチ上の選手やボールの動きをデータ化してしまう「トラッキング」システムのなせる業とか。エリナちゃんの働きがトラッキングされたら、どんなだろう。▼トラッキングよりトレッキングが好き。7月のドロミテ、いいなぁ。

トラッキングは・・

地域ビジネス前線

◇中国で着付けショー 富山の薬・深層水、友禅染に
中国で富山の魅力を発信-。着物デザイナーで氷見市観光協会国際顧問の冨田伸明さん(京都)が7月12日、着付けショーを上海の日本総領事館で開き、富山湾の深層水や富山の薬で染めた着物を披露する。富山市のメークアップアーティスト、SAYURIさんも出演し、花嫁ヘアメークを実演する。
冨田さんは7月19日、北京の日本大使館でも着付けショーを行う。県内の観光関係者ら10人で結成した国際親善団体「HAORI」(団長・松原勝久氷見市観光協会長)が同行。氷見市から見える立山連峰をデザインした帯や大漁旗で作った和服などを通して富山をアピールする。(北日本新聞6月28日付より)