セーレン、上海に新会社 商社機能強化(福井)

2014年08月05日

エリナのささやき

当たり前に知っていてもいいのに、はっきりしないことってありますよね。エリナちゃんの場合、たとえば近隣諸国の会社の種類。▼日本の会社は大体が株式会社。合名とか合資とかもあるけれど、あまり聞きませんね。区別がよく分からないし。中国では株式のことを「股份」といい、株式会社は「股份有限公司」となる(股份は日本語でコフンと読むらしい。知らなかった)。よく目にする「有限公司」は閉鎖型の株式会社で、外国企業が投資するときは大体これになるらしい。ロシアに行くとOAO(公開型株式会社)、ZAO(閉鎖型株式会社)、OOO(有限責任会社)があって、外国投資はやはりOOOが多いとか。▼よく見ると、OAOだのOOOだの。ウラジオの○○○見本市会場にて。

 日本の会社の種類に合わせるのは難しい・・

地域ビジネス前線

◇セーレン、上海に新会社 商社機能強化(福井)

セーレン(本社福井市、川田達男最高経営責任者)は、中国で自社の繊維製品販売などの貿易・商社機能を強化するため、9月に上海市に新会社を設立する。来年には北京にも営業所を新設する予定。
同社は2011年、KBセーレンの特殊原糸の輸出などを行う凱碧世聯(上海)化学繊維有限公司を設立。今回は、この法人を改組し、中国からの原染料輸入なども担うことで、効率的な調達体制を整える狙いもある。化粧品、エレクトロニクス資材、ハウジング資材などの輸出入も行い、最重要マーケットとして位置付ける中国・アジア市場向けに、高付加価値商品の販売拠点としての機能を高めていく。(福井新聞7月26日付より)