立山・黒部アルペンルート 外国人観光客、過去最多(富山)

2014年11月18日

エリナのささやき

きょうの午後は賛助会セミナー。国連の「エネルギー効率改善都市」の選定された富山市の報告です。環境・エネルギーに関係する都市交通、都市計画などの総合的な都市戦略が参考になるものと思っています。当日申し込み・参加もできますので、ぜひどうぞ。▼ここは都市づくりで有名なシンガポールの邸宅か、という雰囲気ですが、実はかつて三菱財閥のお屋敷だった旧岩崎邸。人生60年も経つのに、初めての訪問。家も、家の向こうに広がる庭園も立派な仕様で、日本にもこんなところに住む人っていたのですね。

 発見には、それがわかる知識も大切!若い世代は・・すぐに検索か

地域ビジネス前線

◇立山・黒部アルペンルート 外国人観光客、過去最多(富山)
立山黒部観光(富山市、佐伯博社長)によると、外国人観光客数は、10月現在で昨年同月比17.0%増の16万5千人。主力の台湾は同日までに11万9,500人に達し、今週中にも12万人を超えると見込む。同ルートの「雪の大谷ウオーク」に合わせ、富山-台北便が4月から5月末まで毎日運行したことなどが奏功したとみられる。
このほか、10月末までに香港は1万2千人、タイが1万1,900人、韓国が8,100人、インドネシアが4千人だった。(北日本新聞11月11日付より)