台湾のスキーツアー客歓迎 来月まで計600人(富山)

2015年01月09日

エリナのささやき

キューバとアメリカの国交正常化交渉が21日に始まる、という発表がありました。他方、北朝鮮はアメリカが制裁を撤回しなければ「弾丸や砲弾が米国の領土に飛ぶことになる」と物騒な声明。前世紀的・アナログ的な表現だなぁ、などと悠長に構えていてはいけません。パリでも銃弾が飛んでいるのですから。▼キューバは北朝鮮にとって数少ない親密な国。昔、北朝鮮でエリナちゃんの案内人を務めた人も「英語はキューバで覚えた」と言っていました。一方は国交正常化へ、他方は弾丸や砲弾。うまく行きませんね。▼この写真以来8年、図們江越しに北朝鮮を見ていないのが、ちょっと残念。

20150109

地域ビジネス前線

◇台湾のスキーツアー客歓迎 来月まで計600人(富山)
台湾からのスキーツアー客40人が5日、台北-富山便で来県し、富山空港で歓迎セレモニーが行われた。2月までに16団体の計600人が訪れるツアーの第1弾で、立山山麓でスキーやスノーボードを楽しむ。
渋谷県観光・地域振興局長が「富山の海の幸や地酒、温泉も楽しんでほしい」とあいさつし、ツアー客にスキー用のヘルメットと靴下を贈った。ツアーを企画した台湾スキー協会トップの鄭文豊執行長は、県側の配慮に感謝を示し「安全にスキーを楽しみ、帰国できるようにしたい」と述べた。(北日本新聞1月6日付より)