新潟港貨物量4,280トンに 県が港湾計画まとめる

2015年02月13日

エリナのささやき

あっ、きょうは13日の金曜日だぜ! 気を付けなくちゃ。▼きょうはジェトロ新潟と共催のERINAビジネスセミナー。ERINAとしてはたぶん初めてのベトナム、インドネシアが対象。ちょっとドキドキ。▼海洋に流出するプラスチックごみが世界全体で年間480万~1,270万トンに達するとの試算を、米ジョージア大のチームが発表しました。新潟港の年間貨物取扱量の3分の1…ちょっとピンとこない。最も多いのは、やはり中国(132万~353万トン)。コンテナ最大積荷荷重で100万個分。プラゴミは軽いから、コンテナに入れたらもっともっと多いのだろうな。▼船上のゴミ監視犬。…なんて、ただのワン。

かわいい♪ 何見てるの?

地域ビジネス前線

◇新潟港貨物量4,280トンに 県が港湾計画まとめる

県は5日、今後15年間の新潟港の整備方針を示す改訂「新潟港港湾計画」をまとめた。「北東アジアゲートウェイ機能の強化」などを打ち出し、取り扱い貨物量は4,280万トン(2012年は3,467万トン)、船舶乗降客数は150万人(同143万人)を目指す。

西港では、貨物を積んだトレーラーなどが直接乗り込めるRORO船や、9万トン級のクルーズ船の寄港に向けて、入船地区に埠頭7ヘクタールを製図する。東港では、対外貿易用にコンテナ貨物の取り扱い機能を強化。荷さばき施設などを49ヘクタールから66ヘクタールに広げる。(新潟日報2月6日付より)