春節観光、熱烈歓迎 中国人受け入れに力(新潟)

2015年02月26日

エリナのささやき

毎年のことながら、2月はあっという間に過ぎ去っていきます。週が明ければ3月。ここ新潟では、古町花街の46店舗で食と酒を楽しむ「千社札めぐり」が3月3日から31日まで開催されます(http://furumachi-kagai.info/senjyafuda/)。「ぶらり酒」のスピンオフ版ですね。14~15日は呑んべ垂涎の大イベント「酒の陣」。新潟って、呑んべさんを熱烈歓迎って感じ。▼昨年の酒の陣の大賑わい。賑わいすぎて、入場待ちも長蛇の列。

大きなイベントになりましたねぇ

地域ビジネス前線

◇春節観光、熱烈歓迎 中国人受け入れに力(新潟)

旧暦の正月「春節」の大型連休期間中に来日する中国や台湾からの観光客に、県内の観光関係者らが熱い視線を注いでいる。19日、新潟空港では中国・ハルビンからの臨時便で到着した中国人観光客を県の担当者が横断幕をもって出迎えた。県内の宿泊施設や薬局、電器店では中国語の掲示を増やすなど、年1回の商機を逃すまいと懸命だ。

苗場プリンスホテルでは1月の外国人宿泊客が昨年の2倍に急増。台湾や香港からの宿泊客が目立つといい、春節に合わせて19日には花火が打ち上げられた。ヨドバシカメラ新潟店は店頭に消費税分の8%が免税になることなどを中国語で掲示。中国で普及するデビッドカードを使えばさらに割り引きになるとアピールして誘客を図る。(新潟日報2月20日付より)