境港に小型豪華客船 9月寄港へ松江視察(鳥取)

2015年02月27日

エリナのささやき

きのうは新潟県中小企業団体中央会のお招きで講演をさせていただきました。県内のさまざまな業種の組合の事務局の方々などを前に、北東アジアの特に新潟の経済交流に関係の深いだろう話題を提供したつもりですが、皆さんそれぞれの業種の専門家ですから、懇親会ではエリナちゃんの知らない経済交流可能性のネタを教えていただいたりして、皆さんより講師に役立った講演会だったかも。ありがとうございました。▼講演会に行くタクシーで、運転手さんと話をしていると、「来月14日は大変ですよ」と1枚の紙を渡されました(↓)。3月に新潟で行われるイベント一覧表です。14日は北陸新幹線開通日ですが、新潟市内では、J1のアルビ対エスパルス、女子バスケのアルビ対シャンソン、井上陽水のコンサート、酒の陣などが重なって、サービス業界はさぞ大騒ぎ。一覧表を手作りするタクシーの運転手さんは、お見事。

2つは参加します!

地域ビジネス前線

◇境港に小型豪華客船 9月寄港へ松江視察(鳥取)

モナコに本社を置く船会社シルバーシー・クルーズが、9月に運航する客船を初めて境港に寄港させる方針を決めた。富裕層をターゲットに、新たに投入した小型客船「シルバー・ディスカバラー号」(5,218トン、乗客定員120人)で、豪華さが特長。乗客は、米国人主体になるという。

高級感ある内装のほか、96人の乗組員を配し、マンツーマンに近いきめ細かなサービスを売り物にしている。今回は「フライ・アンド・クルーズ」と呼ばれるツアーで、米国から飛行機で来日した客が北海道の小樽で乗船し、11泊12日の旅程で、新潟県の佐渡島や広島県の宮島などを巡る。(山陰中央新報2月21日付より)