ロシア産天然ガス供給に期待 新潟でエネルギー討論会

2015年03月06日

エリナのささやき

みなさん、液化天然ガス(LNG)をタンカーから陸揚げするとき、どんな様子か分かりますか。LNGタンカーと、陸上のLNGタンクとを結ぶパイプをつなぐのがLNGローディングアーム。1年ほど前に日本海エル・エヌ・ジー株式会社を訪れたとき、ちょうどLNG船が接岸していました。その時に撮ったこの写真(↓)、再登場ですが、すこしズームイン。撮っておいてよかった。▼このローディングアームも新潟県内で生産されていたりしていて、まだまだ学ぶことの多いエリナちゃんです。

そうなんですね・・ さすがだな~

地域ビジネス前線

◇ロシア産天然ガス供給に期待 新潟でエネルギー討論会

ウクライナ情勢をめぐり、天然ガスをはじめとしたロシア産エネルギーの安定供給を不安視する見方がある中、「北東アジアのエネルギー安全保障」と題したパネル討論会が27日、新潟市中央区の朱鷺メッセで開かれた。学識経験者らが、今後もロシアから北東アジアへの供給は期待できるなどとの見解を示した。

環日本海経済研究所とユーラシア研究所(東京)が共催。エネルギーやロシアなどの専門家11人が発表、討論をした。ウクライナ情勢をめぐり、ロシアと欧州の関係が悪化している。しかし参加者からは、東西冷戦期でもソ連から西欧へのガス供給は安定的に行われていたことなどを挙げ、ロシアは供給国として信頼できるとの見通しも示された。(新潟日報2月28日付より)