西洋の雰囲気が漂う中国の避暑地―青島

中国語なら「紅瓦」「緑樹」「碧海」「藍空」と表すような赤煉瓦の街並みと緑、青い空と紺碧の海。青島(チンタオ)は異国情緒溢れる街です=写真=。中国・山東省沿海部に位置する青島は、ダイナミックな経済成長、西洋の風情がある街並、自然条件に恵まれた避暑地、3つの顔を持つ中国で最も活気溢れる魅力的な街のひとつです。

青島にはドイツの占領時代からの繁栄をしのばせる西洋建築がたくさん残っています。“万国建築博覧区”と言われる当時の別荘地「八大関」、青島のシンボル「桟橋」、旧ドイツ総督邸の「迎賓館」、中国最古・青島ビールの創業地「青島ビール博物館」などがあります。避暑地として絶好の気候に恵まれた中国屈指の保養地で、多彩なイベントを合わせ毎年2000万人もの観光客が国内外から訪れます。

青島ビールを飲み、新鮮な海の幸に舌鼓を打ちながら、碧い海と西洋の雰囲気が漂う街で過ごす時間はなんて贅沢なことでしょう。

qingdao

トッときガイド 2016年 9・10月号
「隣国情緒 北東アジアレポート」No.77