ロシアの夏祭り「アールイェ・パルサー」

ロシアの夏に行われる祭りに、アールイェ・パルサー(赤い帆の意。英語名Scarlet Sails) =写真=があります。この祭りは、ロシアの北都、サンクトペテルブルクで毎年6月20日~25日のころに「高校卒業生祭」、「白夜祭」として行われる祭りです。

祭りの名前は、アレクサンドル・グリーンの童話「赤い帆」に由来し、基本理念は若者を人生に送り出すことです。初めて行われたのは1968年で、2016年に「ヨーロッパ最優秀イベント賞」を受賞し、2018年は120万人の観光客であふれたといわれています。冬宮殿(エルミタージュ)前の宮殿広場に巨大な赤い帆が飾られ、若者の中で人気がある歌手などがパフォーマンスし、ネフスキー大通りなどの街頭でも音楽など様々な行事が行われます。夜半過ぎにはネバ川で花火が始まり、オーケストラの演奏をバックに赤い帆船が行きかいます。とても美しい祭りです。インターネットなどでご覧ください。生中継もあります。

トッときガイド 2019年 7・8月号
「隣国情緒 北東アジアレポート」No.94